相続放棄のご相談は、相続放棄.netへ。全国対応可

相続放棄とは

相続放棄とは、被相続人が残した財産を「相続をしない」という選択をすることです。相続では「不動産」や「現金」などのプラスの財産の他に、借金などのマイナスの財産も引き継ぐことになりますが、原則3ヶ月以内であれば、裁判所に申し出ることで放棄することが可能です。


遺産を調べ、借金が明らかにプラスの財産額を上回るのであれば、相続放棄をすることがお勧めです。
ただし、これにはいくつか条件等、注意するべきことがありますので、以下で説明します。


●相続放棄をするための条件  ●相続放棄の流れ  ●相続放棄の必要書類

相続放棄をするための条件

相続放棄をするには、下記の条件を理解することが必要です。
  • 1. 相続開始(を知った日)から3ヶ月以内に家庭裁判所への申請が必要
  • 2. 一人が財産放棄をすると、借金も含め他の相続人もしくは次順位の相続人が相続する
  • 3. 一部の財産、債務のみを選んで放棄することはできません

つまり、「全て相続する」か「全て放棄する」ことしか選ぶことはできません。

相続放棄の流れ

相続放棄は、被相続人が亡くなった時点から始まっています。

※債務者に提示するために、必要に応じて相続放棄申述受理証明書を交付してもらいましょう 。なお、基本的には3ヶ月の期間内に申述しなかった場合、単純承認したものとしてみなされます。
しかし、3ヶ月以上経っていても放棄できる場合もありますので、詳しくはこちらをご覧いただき、お問合せください。

相続放棄の必要書類

  • 相続放棄申述書
  • 申述人(相続人)の戸籍謄本
  • 被相続人の戸籍謄本等(除籍謄本など)
  • 被相続人の住民票の除票
  • 収入印紙(1人800円)
  • 返信用の郵便切手(1人400円分)
  • 申述人(相続人)の認印

必要書類について、よく分からない、詳しく聞きたいなどお考えのお客様向けに当事務所では初回の無料相談を実施しております。



TOP  ●相続放棄とは  ●無料相談  ●料金表  ●事務所概要  ●アクセス

スタッフ紹介

丸の内・横須賀事務所へのアクセス

contents menu

丸の内・横須賀事務所へのアクセス メールでのご相談はコチラ


アクセスマップ

 

アクセスマップ